一条工務店上棟時の雨で家がずぶ濡れ!本当に大丈夫?大丈夫なわけないじゃん(゜Д゜)【1/6】

こんばんは。さすけです。

6月の梅雨時、8月~9月の台風シーズンになると一条工務店で家を建てている方から、上棟時の雨によって室内がずぶ濡れになってしまった事例について多くのご相談をいただきます。

ブログを通じて多くの方から様々なクレームについてのご相談を受けることがありますが、その中でも断トツで多いのが、この上棟時の雨による被害に付いてのご相談となっています。どれぐらい多いかというと、8月以降は台風が来るたびにご相談をいただくような状況です。天気予報を見なくても台風の規模が分かりそうです。。。

雨に濡れてしまえば、木材が吸水して将来問題が生じるのではないか?濡れた木材にカビが生えてしまって将来問題が生じるのではないか?様々な不安を抱えられてご相談をいただきます。

そして、一条工務店の営業さん、監督、工事長、エリアマネージャーは口をそろえて「良くある事で一条工務店の家は雨に濡れても大丈夫です」と言います。

最初にお断りしておくと、これは事実です。技術的な観点で言えば、かなりの雨ぬれでも将来問題が生じることはありません

しかし、ネット上で検索をすると、建築の専門家の様な?雰囲気の方が、一度濡れたら木材はカビだらけになって腐ってしまうのでもう使えない、等という情報も散見されます。。。

雨に濡れた方からすると、一条工務店の言っている「大丈夫」というのは、単なるイイワケにしか聞こえないのは当然のことで、何故、何がどう大丈夫なのか?と聞いても口ごもるような営業さん、監督もたくさんいらっしゃいます。こうなってくると、もう隠蔽にしか見えません。

ここで、はっきりさせておきます。上棟時に雨に濡れたからといって、その家がダメになるようなことはまずありません。少なくとも一条工務店の家に関しては、雨ぬれによって将来問題が生じることはないと考えて良いと思います。

今回は、一条工務店が使用している部材の種類やその性質も含めて詳しく書かせていただきます。

このブログを読んでいる営業さん、監督さんが「だから大丈夫だって言っているじゃないか」としたり顔になりそうですが、一つ言わせてください。

雨に濡れて大丈夫なわけなんてありません!

自分がこれからの人生の大半を過ごす家の最初の1歩である上棟時に雨に降られて、家の中がずぶ濡れになって大丈夫なお客さんなんて一人もいません。

先ほどは、問題がないと言っていたのに、大丈夫ではないと言っていてなんだか矛盾しまくりのように思うかも知れませんが、もしも上棟時に雨に降られて室内が濡れてしまった方は、どうか、最後までお読みいただければと思います。少しでもそういった方の安心に繋がればと思っています。

テンション高く書いているうちに恐ろしい長文になってしまいました。雨ぬれの現状、雨ぬれによる技術的な影響、一条工務店による対応、そして、一条工務店に何をもとめるべきか、といったことを全て1ページに書いてしまいました。(2017/11/07 あまりにも読みにくいので記事を6つに分割しました)。ただ、雨ぬれに直面されている方、また、今後上棟を控えている方は是非ご一読くださいm(_ _)m

一条工務店の家は上棟時に雨で濡れても大丈夫?これを見てもまだ「問題ない」と言えますか?

一条工務店雨ぬれ実例集!

一条工務店で上棟時の雨ぬれがあったとき、営業さん、監督などの中には「大丈夫です。一条工務店の家は雨に濡れても問題ありません」と説明される方がいらっしゃいます。

後で書くように、言っている方達がどこまで理解して「大丈夫」「問題ない」と言っているのかについてはやや疑問があるものの、実際問題として技術的にはこれは大きく間違っていません。

でもね。家の中がずぶ濡れになったお客さんを目の前にして本気でそんなことを言っているのだとしたら、私には全く信じられません。

少なくとも、下の写真を見ても「大丈夫」と言えるか試して下さい!

以下の写真はこれまでご相談をいただいた方のお宅の写真の一部をご紹介します。写真の住宅は複数のお宅の写真であって、1軒で起こったことではありません。

非公開を伝えられていない方については私の独断での公開となります。そのため、万が一ご相談をいただいた方の中でこの写真は使わないで欲しいというものがありましたらその旨メールにてご連絡くださいm(_ _)m

個人が特定できる可能性のある部分については私の方で画像を加工している場合があります。お気づきになられる方もいらっしゃるかもしれませんが、中には今まさに問題に直面されている方もいらっしゃいます。その方とは個別に連絡を取らせていただき、既に前向きに話が進んでいる中、ご無理をお願いして、当初の写真を使わせていただいていました。

それでは、早速下の写真をご覧下さい!

image

ブルーシートの上に水たまりできていますが、、、、本当に大丈夫ですか??

これ室内ですよ??私のそれほど豊富ではない人生経験では室内に水たまりができることを「大丈夫」と言えるのかにつて自信がありません。

続いて、下のお宅では、部材の段ボール箱がびしょ濡れになってしまっていますが、これもやっぱり大丈夫でしょうか?雨が降ったら室内の段ボールが濡れる家、それでもこれは「大丈夫」でしょうか?

image7

下の写真では、部屋中びしょびしょで養生したビニールシートの隙間に水が入り込んでいるようです。こんな状態でもやっぱり大丈夫ですか??

image

え?床に水がかかっただけじゃないか?一条工務店は特類の合板を使っているから水濡れしても問題ありません?う~ん、、、そうなんでしょうね。

では次の写真もやっぱり大丈夫なんですよね??

image

上棟時に雨が降って、基礎の中にまで水たまりができています。基礎内に反射して天井が見えることからも、上棟が終わって屋根も付いているはずなのに、こんなことになっても本当の本当に「大丈夫」なんですか??

上の2枚の写真のお宅は、この状況で1週間放置されたとのことです。。もちろん、理由は「大丈夫」だからでしょう。。。

さすが一条工務店の家ですね!

下の写真のお宅ではまだ乾燥していない床下地の合板の文様が見えて綺麗ですね!じゃなくて、床が泥だらけですけど??一条工務店の監督やエリアマネージャーによれば「良くある事」だそうですよ。

image

はいはい。そうですよね!この程度は掃除をすれば綺麗になるからもちろん「大丈夫」ですね!

次の写真はどうでしょうか?室内にたくさんの部材が搬入された状態で天井から入り込んできた雨水によって、床はもちろん部材も含めてびっしょぬれです。ご相談下さった方が丸を書いてくださった部分には段ボール箱の上に水たまりのようなものも見えますが、これもやっぱり大丈夫なんでしょうね。。。

image

同じお宅ですが、壁に取り付ける石膏ボードをブルーシートで雨養生していますが、寸足らずで、下の方に雨がかかって濡れています。まさに「びっちょ」ですね^^

寸足らずのブルーシートで養生せざるを得ないほどの急な雨だったのでしょう。。。でも、この後何日も放置されたそうですが、やっぱり「大丈夫」だからなんでしょうね??

image

下の写真は上棟時の雨でシミができてしまっていますが、これは問題ないですよね?だって、「大丈夫」ですから。

image

同じ家の床板部分にも雨で濡れたあとがあります。この部分左側が吹き抜けの予定で、濡れた場所には吹き抜けの落下防止の柵を付ける部分です。後になって腐ったりしないですよね?だって「大丈夫」なんですから。ちなみに上の写真と下の写真は我が家です!

下の写真のお宅では、断熱材の裏から雨が侵入して断熱材の表面に雨で濡れた後があります。もちろん、「大丈夫」ですよね?

image

上とは別のお宅で、断熱材を取り除いた裏側の壁板までびしょ濡れみたいですけど、もちろん「大丈夫」なんですよね?

image

なんだか室内に水たまりできて反射してますけど、当たり前のことです、当然「大丈夫」でしょう!

image3

下の写真では、構造用の柱と床部分に水が入り込んでいるように見えます。こんな隙間にまで水が入り込んでも、やっぱり「大丈夫」です。だって「大丈夫」なんですから!

image

調子が出てきたのでまだまだ行きますよ!雨ぬれした後、かなり床が汚くなっていますがこれは問題ないですね。汚れているだけです。

image

濡れた後の床の構造用合板剥離していますが???これは大丈夫なのでしょうか???これは個人的には大丈夫じゃないように見えますが。。。

image

下の写真は上棟時の雨ぬれではなく、その後の雨漏りの事例ですが雨漏りで木材が膨らんで窓枠外れてますけど、、、、大丈夫、、、じゃないですね。。。これは^^;

image

壁から水が流れてきたようですが???これもやっぱりダメですよね!

image

雨ぬれ写真、まだまだありますがもっと写真をアップしましょうか???もう良いですか?これ以上紹介すると、タダでさえ長い私のブログがもっと長くなってしまうのでやめておきますね。

え?全部本当に一条工務店の家かって??はい。全部一条工務店の家ですよ♪

本当にこれらのお宅で起こったことは「大丈夫」なんでしょうか??

私の感覚で言えば、これを見てもまだ「大丈夫」というのならば、人として問題があるように思います。。。。

でですよ、これらの写真のお宅の多くで一条工務店からは一言で言えば「大丈夫」と言われているんです。信じられますか???もちろん、謝罪があったケースもありますし、その後に技術的には適切な対応が行われていたりすることは当然あります。でも、私の所にご相談を下さる方の多くは、それらの謝罪や説明が受け入れがたく、私に連絡を下さるのです。

一条工務店を擁護しておくと、現在進行形のお宅もありますが、多くのお宅ではその後きちんと交換すべき部材は交換した上で、しっかりと家が建築されています。

また、技術的な観点から言えば、適切な対応を行えば基本的に構造上の問題がないというのは事実です。床の剥離については交換、雨漏りについては修繕することで問題は解決します。

ただね。今回、私が言いたいことは1つ、技術的に問題がなければ問題がない分けではないんだということだけです。

一条工務店の家だけがこんなにひどいのか?

写真をご覧になられた方の多くが、一条工務店ではこんな杜撰な建築が行われているのかと不安になられる方も多いかも知れません。

この点は、誤解のないように言わせていただくと、ハウスメーカー、工務店に寄らず運悪く雨に濡れることはありますし、現場の方の対応が悪いこともあります。

今回、アップした写真は一条工務店の住宅のみですが、他のハウスメーカーも、多かれ少なかれ似たようなことは起こっています。

もしこのブログの記事を使って「一条工務店ではこんなにヒドイ施工が行われているそうですよ。うちはこんなことを絶対にしません。」という説明を受けられた方がいらっしゃったら是非教えてください。そのハウスメーカーの問題写真集を公開したいと思います(^_^)

年間施工棟数が1万2千棟以上ある一条工務店ですから、問題が全くないわけがなく、クレームに繋がるような問題が生じることが一定数あることは当然と言えば当然です。

ただし、一条工務店にとっては1万2千分の1の家に過ぎないかも知れませんが、私達顧客、一人一人にとっては、1分の1のそして人生で最大の買い物だということは忘れてもらっては困ります。

上の写真を見て一条工務店はやめておこう、というのは私が伝えたいこととは異なっています。まあ、この写真を見て「じゃあ一条工務店にしよう」と言う方もいないとは思いますが^^;

今回の趣旨と外れるので紹介はしませんが、他のハウスメーカーで家を建てられたお宅で、和室の壁に滝ができている事例なんて言うのもありますよ!鉄骨で、錆びないかを心配されてのご相談でした。

今回の趣旨は、一条工務店の家がダメだということを言いたいわけでは全くありません。私が言いたいのは、雨に降られたときに、馬鹿の一つ覚えのように「大丈夫」「特類・特級の合板を使っているから問題ない」を繰り返すだけの対応が、結果としてお客さんを不安にさせてしまっているということを理解していただき、きちんとした説明を行って欲しいというだけのことです。

安全と安心:大丈夫だけど、大丈夫じゃない!

上記のお宅のほぼ全てにおいて、私が見る限りで、技術的、性能的な観点から住宅そのものを建て替えなければならないような深刻な問題を生じさせる雨ぬれは1軒もありません。

もちろん、雨に濡れてしまったらいけない部材、例えば石膏ボードのようなものに水がかかってしまっているケースでは、その部材の交換は必要になります。また、構造合板の表面が剥がれてしまったようなものも交換が必要でしょう。

しかし、構造用の合板、そして、柱を含む構造用の木材とその周辺に取り付けられている金属部品の多くは、ある程度乾燥させればその後問題を生じさせることはまずありません。

じゃあ、お客さんの側が単に分かっていないだけで、本当は問題のないことを大騒ぎしているだけなのか?、というとこれは全く間違った認識です。

上の写真がご自宅で起こったら、普通は不安になるし、なぜもっとしっかりと養生しなかったのか、なんでもっと早く対応をしないのか、なぜきちんと説明をしてくれないのか、と、はらわたが煮えくりかえるような思いになり、もうこんな家はいらない、はたまた、一条工務店を選んだ自分たちが悪かったのだといった自責の念にさいなまれる、夜も眠れないほどの思いをされる方もいらっしゃると思います。そして、最悪は裁判をしてやる!となります。そして、雨ぬれに関しては裁判をすれば確実に一条工務店が勝って、施主側が負けます。

私がこうして多くの方からご相談をいただき、その後の対応を拝見させていただく限りにおいて、一条工務店は技術的には、また、その後の物理的な対応としては適切な対応を行っています。

しかし、私の所にご相談に来られる方の内容を拝見している限りでは、技術的な側面の対応は間違っていなくても、顧客側への対応は悲惨なケースが多く見られます。少なくとも、お客さんに適切な説明を行い、納得してもらえていないケースが散見されます。

安全だけど、安心じゃない

世の中には、「安全」と「安心」と言う言葉があります。

一条工務店の対応は、安全な対応ではあるけれど、お客さんを安心させる対応ではないケースがある、というのが私の持っている認識です。

上記の写真の全てのお宅で、交換が必要な部材を交換し、その上で簡単に乾燥をさせた上で、その後の水の浸入がないよう水漏れ箇所を特定して今後の追加的水の浸入がないよう対応すれば、将来にわたって問題がでることはありません。そして、一条工務店は概ねそのように対応をしています。そういった意味で、一条工務店の対応は「安全」に対応をしています。

しかし、私達顧客側には圧倒的に知識がありません。これは勉強不足だから知識がないわけではなく、私達に建築の知識がないからこそ、一条工務店のような専門的な会社にお金を払って知識を買っているのですから、知識がないのは当然のことです。

知識がなければ、どの部材の交換が必要で、どの部材の交換が必要ないのか、の判断は私達にすることはできません。

雨に濡れてしまったあと、詳しい説明もなく「こう言うことは良くあるケースですから大丈夫です」「雨に濡れても問題のない部材を使っているから大丈夫です」「建築基準法上問題ありません」「雨が降ってしまうことは私達にはコントロールできないので仕方ありません」「は?お客さん何言っちゃってんの?大丈夫に決まっているじゃん。なぜなら一条工務店の家なんだから」といったような対応をしている限りお客さんの側が「安心」できるはずもありません

一条工務店に限らず、家を建てる方の多くは、安全な家が欲しいと言うのは当然です。しかし、安全であると同時に「安心」して家づくりを見守りたいというのも当然の気持ちです。

一条工務店の対応の中には、この安心できる対応、が十分に行われていないケースが散見されるように思っています。

一応、フォローしておくと、おそらくは大半のお宅では雨ぬれがあっても担当者の方が適切に対応をすることで、「安心」を損なわずに建築が行われていると思っています。

しかし、一条工務店の対応は、担当者の能力に強く依存している部分があり、きちんと対応ができない担当者の方に当たると、会社の基準としての安全性は確保されているので、家自体には問題は出ませんが、「安心」が大きく損なわれるケースがあることもまた事実です。

上棟時の大雨で室内に滝が出現したけど、安心できた事例~私の場合~

ブログにも何度も書いたことがあるの、ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、上棟時の雨ぬれは私自身も経験しています。

我が家を上棟したのは、7月の梅雨が終わりきらない時期だったこともあって、かなりの雨模様のなか、雨が降っていない日を選んで行われました。

上棟は1日目で1階部分を、2日目に2階部分を、そして3日目に屋根じまいを行うと言ったスケジュールになっています。

上棟日1日目は梅雨の中日のような形でほぼ快晴に近い天気でした。

image

しかし、2日目は朝からかなり天気が悪く、完全に曇りで、日中も若干の小雨がぱらついたりするような状況で上棟が行われました。

image

ただ、本格的な雨ではなく、本当に小雨が少し降ったと思ったらすぐ止むぐらいのもので、道路などが濡れるほどではありませんでした。

しかし。。。2日目の夕方になると、雲行きが一気におかしくなってきて、本格的な雨模様となりました。

雨がかなり降った状態で2日目の上棟を終了し、監督が急いで屋根の付いていない2階部分にブルーシートで養生をしてくれました。

image

なんとか、雨養生も終えて、大工さん達も帰った後、状況が一変しました。雨が本格的に降り出して、豪雨になりました。

ただ、ブルーシートで養生もしてあるから大丈夫だろうと思いきや、、、ブルーシートの隙間や、過去に開けられたタッカー(でっかいホチキス)の穴が多数あって、そこから室内に滝のように雨が降り注ぎ、床下まで水が入り込みました

今の私であれば、喜び勇んで写真を撮りまくるところでしたが、この時の写真を1枚も撮っていませんでした。それだけ焦っていたし、不安な気持ちで一杯だったのだろうと思います。

そのような中で、大工さん達が帰って、最後の点検をしていた一条工務店の監督が雨漏りを何とかしようと必死で対応をしてくれました。笑顔も見せつつ、濡れても大丈夫だけど、濡れたら嫌でしょうし、自分も嫌なので、何とかします!と言って、仲間の監督さん達に電話をして応援を要請しつつ、一人で大雨の中屋根に登ってブルーシートを引っ張ったり、かけ直したりして室内への雨の侵入をなんとか食い止めようとしてくれていました。

その後、仲間の監督さん達が何人か駆けつけてくれて、ブルーシートを追加したり、室内に置いてある部材で濡れてはいけない物をビニールで包んだりとバタバタとしながらも、全員が一生懸命対応してくれつつも、不安を感じている私に気を遣ってくれていることもわかりました。

その日は、大丈夫だとは言われているけれど、本当に濡れても大丈夫なのかどうか不安に思いつつも、何ができるわけでもないので帰宅しました。

翌朝現場に行くと、まだ出勤前の早い時間でしたので大工さんなども来ていない中、監督が一人でスポンジとバケツ、雑巾を持って床下に潜り込んでいました。

そうして、私に気が付いて、木は濡れても大丈夫だけど、濡れたら乾燥させるのに時間がかかるし、私(さすけ)が見たら嫌でしょうから、早く乾かそうと思って~、と言われました。

その後少し話をして、合板が剥がれたりしなければ特に問題がないですが、乾きが悪くなるのでその場合は床板を乾かして対応します、という説明を受けただけでした。

その後、特に技術的な話や、なぜ雨に濡れても大丈夫なのかといった話は全く聞きませんでした。

普段理屈っぽいくせに、こういうときは理屈ではなく、監督の態度や行動を観察して、自分の家のように一生懸命対応をしてくれている姿を見て、安心して大丈夫だな、と判断したのです。

我が家では雨ぬれによる部材等の交換も必要ないと言われ、また、私自身もそれで納得しました。

例えば、先ほどの雨ぬれ写真の下の写真のように雨が降って水が流れたことで、壁にシミができてしまった部分もありました。

image

また、吹き抜けに接する壁という重要な構造部分を支える床部分もかなりの水濡れでシミができていました。

image

しかし、我が家に関して言えば、こうした部分も含めて部材の交換はなにもしていません。

もちろん、監督にこれは大丈夫なのかは確認しましたが、大丈夫だと言われて、納得しましたし、どうせ見えなくなる部分だし、特に不安や不満もありませんでしたので、そのままとなりました。

このあたりのことには過去に下の記事に詳しく書いた事があります。

上棟時の雨ぬれのクレームは「人災」によって引き起こされる

その後、既に家に住み始めて5年が経過しましたが、当たり前と言えば当たり前ですが、この雨ぬれでシミができてしまった部分に問題が発生するようなことはありません^^

写真がなくて、少し分かりづらいですが、我が家の雨ぬれもかなりのものでした。しかし、それでも、私は安心して家を建てる事ができました。

しかし、同じような雨でも重大なクレームになって、お客さんの側がやむにやまれず、藁をもすがる気持ちでブログを書いているだけの私に相談をせざるを得ない状態になる方もいらっしゃいます。その違いは何か?と考えた時、1つはっきりした違いがあるとすれば、私は監督の言う事を素直に信じられたけども、相談を下さる方は監督の「大丈夫」という言葉を信じられなかったという1点だろうと思っています。

これは、信じる私が素直で、信じない方がひねくれている、ということではありません。

我が家の監督は、私が信じて良いと判断するに足る行動や態度を見せてくれていて、信じられなかった多くの方達に共通しているのは、そもそも顔も見たことがなかったり、あいさつもしてくれたことがなかったり、それまでにもたくさんの小さなミスをしていたり、なんだか面倒くさそうな態度を取ったり、ふてくされたり、そういった、信じられないような態度を見せてきた監督であったり営業さんであったりに「大丈夫」と言われていることと思います

で、一番共通しているのは過去に監督や営業さんから「嘘をついて言い逃れをされたことがある」方が異常に多いのです。

嘘というか、知らないことを知っているかのように説明したり、対応するのを忘れていたことを、忘れていないかのように振る舞ったり、そう言った、ある意味本当に些細なことが、雨ぬれの際に大きな問題になってしまっているように思うのです。

ご相談を下さった方のお話しを聞いていて、つくづく思うのは、雨ぬれは「天災」ですが、雨ぬれがクレームに発展するのは「人災」だということです。

で、そういった「人災」を引き起こす監督や営業さんなどは、雨に濡れても大丈夫、とは言うけれど、何がどのように大丈夫か聞くと途端に口ごもったりします。

せいぜい「一条工務店では一番高品質な特類の合板を使っているので大丈夫です」と応えてくれる程度でしょう。。。なぜ「特類の合板だと大丈夫なの?」と聞いても、応えてくれません。。。

挙げ句の果てには「雨は自然現象なので仕方ありません」などとのたまいます。。。もうね、、、いい加減にしてくれよと思えてなりません。

相談をお聞きしている中でいつも「お客さんが不安を感じているのはオマエのせいなんだよ!」と直接言いたい気分で一杯になることが多々ありました。

別に、我が家で大丈夫だったから全てのお宅で大丈夫と言い切れるわけではありませんが、我が家では引き渡し後にも基礎内に水たまりが数週間にわたってできていたこともありました。

image

この時も、かなりの不安もありました。監督などに対して、かなり強い言い方もしてしまったかもしれません。当時は、壁内に水蒸気が上がってそこで結露が生じてカビを生じさせたり、木を腐らせたりするのではないか?と心配しました。

今になって冷静に考えてみれば、基礎内に水がたまり続けていればそういうこともありますが、基礎内に水がたまらないようにさえなっていれば、カビが生えたり、木が腐ったりしないのは、当たり前のことなんですが、やはり自分の家のことで冷静さを欠いていたのでしょう、本来心配する必要のないことまで心配したりもしました。

しかし、その際も監督が適切に行動をしてくれて、すぐに安心することができました。

そして、事実、基礎内に水がたまってしまった件から4年を経過しましたが、問題は一切生じていません。

一条工務店の家で、雨ぬれや、また、基礎にかなりの期間水がたまっていたとしても、住宅そのもののダメージになることはありません。

その後も色々と関心を持って調べたり、勉強をして、今になれば、一条工務店の家がどこまでの雨であれば濡れても大丈夫で、どこからはダメなのか、そして、なぜ「大丈夫」と言えるのかを、客観的な視点で説明することができます。

以下では、一条工務店の監督などが「雨に濡れても大丈夫」という根拠を示していきたいと思います。

続きは上記からお願いします。

広告