シャッターの防犯性能

防犯対策, 住宅設備

こんばんは。さすけです。

前回はシャッター設置によるガラス飛散防止効果について考えて見ました。

どの程度効果があるか机上の空論で話をしていたのですが、沖縄在住のakibowさんからのコメントと、防犯フィルムが台風にどのように書かれたかのWebを教えていただき、ガラスは滅多に割れないけど、万が一割れると大変な被害になることがよく理解できました。

多くの方にコメントをいただけて、かつ非常に役立つコメントなどをいただけるとブログをやっていて良かったと思えます\(^o^)/

さて、防犯フィルムは貼る方向で考えることにしましたが、シャッターの防犯性能について検討してみたいと思います。既に、かなり「シャッターいらないかな」状態なのでシャッターに否定的になってしまったら済みません^^;

まず、防犯と言ってもたくさん考えられますが、ここでは「どろぼう」対策を考えたいと思います。

泥棒防止を考えたとき、選択肢としては
・ シャッター
・ 防犯フィルム
・ セコム等のサービス
の3つが考えられる対策かと思います。

まず、泥棒のタイプについて調べてみたいと思います。警視庁の統計によると年間約13.6万件の親友窃盗が認知されており、そのうち約38%、51000件が戸建て住居への侵入になります。

国内には、約2650万軒の戸建て住宅があるとされているので、30年間住んでいれば約15分の1の確率で泥棒に入られる可能性があると言えます。もちろん、泥棒に入られやすい家と入られにくい家があるわけですが。。。万が一、家に子供だけがいた場合などを考えると非常に怖いです。

では、泥棒はどこから入ってくるのかを調べてみます。
こちらの資料によれば、ガラス破りが約7割、無施錠の窓等からの侵入が23%となっています。やはり窓の防犯は重要なようです。

では、どこの窓から入ってくるのでしょうか?

こちらの資料によると、台所やトイレの窓が51%となっています。

 

どうも、泥棒は小さな窓が好きなようです。。。これらの窓にはシャッターはつけないと思うので、シャッターは効果がなさそうです。。。

ただ、それでも16%は居間の窓からの侵入となっていますから、一応もう少し検討してみます。

シャッターの防犯効果が期待できるのは、シャッターが閉まっている夜間だけになります。泥棒はいったい何時ごろ家に入ってくるのでしょうか?

こちらの資料に侵入時間がありました。

私は、てっきり日中かとおもいきや、 夜間が多いようです。って寝てる時間に入ってくるって怖い。。。
ということは、シャッターを閉めることに意味はありそうです。しかし、シャッターがあるとどの程度防犯効果があるのでしょうか?

これは、セコムのサイトに書かれていました。
被害のあった窓のシャッター開閉状況

件数が少ないため有意とはいえないかもしれませんが、シャッターが閉まっている窓をこじ開けて侵入することは少ないようです。ただし、上記の下記ぶりでも「シャッターのない窓」から侵入しているというだけで、居間などのシャッターがしまった家に、先にあげた台所やトイレと言ったシャッターのない窓から侵入している可能性はあります。

そう考えると、シャッターだけでは防犯対策としては不十分であると言えます。また、シャッターの防犯性能については、警察庁の資料によれば、しっかりと考えられたシャッターでないと十分な防犯性能は得られないようです。難しいですね。。。

では、防犯フィルムがあれば、ガラスが破られることはないのか?
一条工務店の工場見学ではハンマーでたたいて、なかなか割れない体験をされた方が多いかと思います。しかし、泥棒も頭を使うので当然ハンマーでぶったたいて割
るような目立つことはしないだろうな~とも感じました。

では、具体的にどうやって入ってくるだろうかと考えると・・・結構、破る方法はありそうですよね^^;具体的に書くのは止めておきます。。。
ただ、万能じゃないことだけは確かです。しかし、一般に泥棒は侵入に5分から10分かかる場合は侵入をあきらめるそうなので、一定の効果は期待できます。また、短時間かつ静かに防犯フィルムを破ろうと思うと、ある程度特殊な装備?が必要になるため、どの泥棒でも入れると言う状況にはならないと思っています。

ぜひ一回、思いっきり頭を使って短時間でかつ静かに防犯フィルムを割って侵入を試みてみたいです。でも当然、自分の家でやるしかないですし、ガラス代が馬鹿にならないのでやめておきます^^;

以上のように考えると、泥棒が「さすけの家には金銀財宝があるから、絶対に侵入してやろうう」というように、ターゲットとして狙われた場合には効果はあまり期待できないと思われますが、「どこでもいいから、泥棒に入ろう」と考えている泥棒には狙われにくくなる効果があると思われます。

ただ、今回調べてみて勉強になったのは、泥棒は今からではなく、トイレや台所の窓から入りたがる傾向にあるということでした。正直以外でした。。。これではシャッターはあまり意味を成さないですね。。。。

ということで、最初から結論ありきな感じの議論で申し訳ないですが、防犯フィルムを張って、シャッターは止めておこうかな~と考えています。