新築するなら宅配ボックスの設置がお勧め:家に人がいるからこそ宅配ボックスのメリットが得られる!

こんばんは。さすけです。

今回のテーマは最近話題の「宅配ボックス」です。一条工務店のオプションというわけではないのですが、これから家を建てる方であれば宅配ボックスは設置しておいて損はないと思います。

宅配ボックスを実際に設置している我が家の経験を言えば、宅配ボックスはめちゃくちゃ便利です。もう、宅配ボックスのない生活が考えられないほどに便利と思うのです。今回はどのようなケースで宅配ボックスを設置するメリットをユーザー視点でまとめて見たいと思います。そして、宅配ボックスをより活用するためのちょっとしたテクニックについても書かせていただきます!

誰のために宅配ボックスを設置するのか?

宅配ボックスのメリットは宅配業者のメリット??

宅配ボックスは決して値段の安いものではありません。商品本体だけの価格でも5万円以上はします。また、設置の為には専用のポール等も必要になるためなんだかんだといって、10万円程度はかかってしまいます。一部自治体などでは補助金なども検討されているようですが、それはあくまで駅などに設置したり、集合住宅への設置に向けた補助金であって、戸建住宅への補助金とはなっていません。

結局の所、宅配ボックスを設置するためには個人が何万円もの支出を余儀なくされる状況は当面変わらないように思っています。

一方で、Amazonや楽天等々のネット通販の普及、そしてネット通販の当日・翌日配達といった配達が一般化したことで、クロネコや佐川急便などの宅配が飽和状態にあるというニュースを聞くことが多くなりました。そして、パナソニック、日本郵政、クロネコヤマト、佐川急便の調査によると再配達率(不在で受け渡しができず再配達になってしまった割合)は、19.6%にもなるようです

そのような状況において、パナソニック、クロネコヤマトと日本郵政公社が福井県で行った実証実験では、戸建住宅に宅配ボックスを設置した場合、再配達率が40%以上も下がったという実験結果があります。

image

ただ、これらの実証実験の結果を個人としてはどうしても冷めた目で見てしまうのは私だけでしょうか??

確かに、宅配ボックスを設置することによって、受け取りそこないが出ないのはメリットになるかもしれません。でも、再配達率が下がって、一番メリットを享受するのは宅配業者、そして宅配ボックスを製造販売するパナソニックといった企業ではないのか?と思ってしまうのです。

現在の宅配システムでは夜9時まで2時間刻みで時間指定した宅配日時指定もできます。受け取りそこなったとしても、スマホで簡単に再配達依頼ができます。気持ち的には再配達をしてもらって申し訳ないというのは間違いなくあります。でも、ユーザー目線で見たときには、再配達をしてもらってもそれほど困らないのが正直なところです。

結局のところ、企業が再配達率を減らしたいがために、5万円以上もする宅配ボックスをなぜ個人の負担で設置しなければならないの?と感じてしまうのです。

設置するユーザーにメリットのない宅配ボックスは誰も設置したくない

実際に宅配をしてくれる方たちには本当に感謝していますし、再配達をしてもらうのは申し訳ない気持ちもあります。そのような中で、再配達してもらっても困らないよ?ということは、大人として良くないことと思うが故に、再配達を下げなくてはいけない、という機運だけは高まっているように思うのです。

ただ、実際に自分の家に宅配ボックスを設置しますか?と聞かれると、5万円以上のお金を払ってまで宅配ボックスを設置する方は少ないように思うのです。

単身世帯で毎晩帰りが遅いケースでは夜9時までに受け取りができないケースがあることはわかります。しかし、戸建住宅では夫婦2人世帯で共にフルタイムで働いているというようなケース以外では、夜9時になれば誰かしら家にいて宅配便を受け取ることができるケースがほとんどではないでしょうか?子供がいれば、遅くとも夜7時か8時には家に誰かが帰っていると思います。であれば、宅配ボックスに5万円以上かける必要はないのでは?再配達を減らすためには、時間指定を遅くすればよいのでは?と考えるように思うのです。

そもそも、人手不足というのであれば、宅配価格を上げるのが本筋であって、再配達の際には費用負担をしてもらう仕組みを作るのが本筋と思います。そして、宅配をされる方の収入が、ということであれば、配達済み1件に対していくらを支払うという契約ではなく、再配達を含めた配達に行ったこと1件に大して支払いをするのが本来のあり方のように思うのです。

結果として、私たち顧客側は再配達費用を支払いたくないがために、きちんと受け取りを行うようになるでしょう。。。

日本経済全体を見たら、物流の末端である個人への再配達コストの削減は確かに重要な経済課題と思います。でも、個人が5万円以上の費用を負担してまで自分の家に宅配ボックスの設置をする理由にはならないように感じます。

しかし、ニュースなどでも、配達員の方達の負担軽減、といった視点からの報道がほとんどで、宅配ボックスを設置するメリットがいまいち見えてきません。ニュースなどでも、個人の設置メリットとして「いつでも受け取れる」といったあいまいな言い方がされていますが、そんなこと言われても、ぶっちゃけ、そんなに急いで受け取らなくちゃいけないわけでもないし、時間指定も細かくできるのに、10万円近いお金を払ってまで宅配ボックスを設置したくない、というのが当然気持ちとしてわいてくるように思うのです。

宅配ボックスの設置を普及させたいならば、宅配ボックスの設置によってどのようなメリットがあるのか、また、どのようなケースでは宅配ボックスの設置にメリットがないのか?宅配ボックスの設置を行う際に注意すべき点などはないのか?さらには宅配ボックスをさらに活用するためのノウハウのようなものを紹介することこそが重要に思うのです。

個人的には宅配ボックスの設置が進まない背景は、値段の高さはもちろんあると思いますが、宅配ボックスの便利さ、が伝わっていないからにならないように思っています。そして、経験的に「宅配ボックスを設置しただけ」では効果が薄く、宅配ボックスを設置したらすべきこともいくつかあり、それだけで宅配ボックスはぐぐっと便利なものになると思っているのです!

宅配ボックスのメリットを最大限に活用する

配送先住所に「宅配ボックスに入る場合はチャイムを鳴らさず」の一言を

宅配ボックスのメリットを享受するためには、Amazonや楽天などのネット通販を使う際の配送先住所欄に「チャイムを鳴らさず宅配ボックスへ」の一言を付けておくことが重要になります。私のAmazonの規定の配送先住所は下記のようになっています。

image

私の場合は「宅配ボックスに入る場合はチャイムを鳴らさず」という配送先住所となっています。本当は「宅配ボックスに入る場合はチャイムを鳴らさずに宅配ボックスへ」と書きたいのですが、住所欄の文字数制限の関係から上記のようにしています。「チャイムを鳴らさず宅配ボックスへ」でもよいと思いますが、宅配ボックスに入らない大きな荷物の場合などにチャイムを鳴らすことを躊躇してしまったり、申し訳なく思わせてしまったりしたら、申し訳ないので「宅配ボックスに入る場合は」としています^^

この言葉を住所欄に書き添えておくことで、原則として冷蔵品などの場合や、宅配ボックスに入りきらないような大きな荷物でなければすべて宅配ボックスに配送されるようになります。

そう書くと、でもすぐにでも受け取りたいときもあるんだけど、と思われるかもしれません。たいていのネット通販では複数の住所を管理できます。すぐに受け取りたい場合には通常の住所だけの配送先に送るようにすればよいだけです。

こうしておくことで、何かをしているときに「ピンポーン」とならされることがなくなります^^

宅配ボックスで受け取りたくないものは「宅配ボックスを使わず必ず手渡しで」に配送

貴重品などで宅配ボックスで受け取ることに不安があるようなものの場合も考えられます。宅配ボックスが設置されていると、不在であれば原則宅配ボックスに入れられてしまいますが、高額なものなどの場合、どうしても不安がある場合には手渡しをしてほしいというケースもあるかと思います。

image

そのような場合には「宅配ボックスを使わず必ず手渡しで」と書いた住所に配送すれば、宅配ボックスに入れられることはなくなります。

不在の場合再配達をしてもらうことになって申し訳なくはありますが、宅配ボックスが設置されていても宅配ボックスに入れられてしまうことはなくなります。

そんなもの本当に効果あるの?:確実ではありません

宅配業者の方が、そのような注意書きを本当に見てくれるのか?という風に思われる方もいらっしゃるかもしれません。これは私が住む地域に限定しての経験ベースでが、ほぼチェックしてくれています。宅配ボックスに入れるよう書いてあって、チャイムを鳴らす場合は何らかの問題があるケースがほとんどです。

逆に、手渡しと書いてあるのに宅配ボックスにいれられてしまうということもまずありません。

ただ、これらは完全に100%か?といわれるとそういうわけではありません^^;;

実際に経験した範囲では、宅配ボックスへと書いてあるのだけれどチャイムを鳴らされてしまうことがなかったわけではありません。特に引っ越しをした当初は多かったように思います。理由は「使い方がわからない」、「本当にここに入れてよいのか?」「宅配ボックスってどれ?」というのが多かったように思います。ただ、これらは、最初のうちだけで、時間の経過とともにほとんどなくなってきました。宅配業者の方から受け取る際に「いなくても安心して配達できて助かります」と言われたこともあります^^

宅配業者の方たちにとってみれば、より効率的に配送することが仕事ですから、チャイムを鳴らして、受け取る人が出てくるまで待って、ハンコを押してもらって、というプロセスなしで、慣れてしまえば10秒で配送完了できる宅配ボックスは助かることのようです^^

逆に、「宅配ボックスを使わず手渡しで」と書いてあっても、宅配ボックスに入れられてしまっていたケースもないわけではありません。

ただ、いずれのケースも基本的にはすべて指示通りに対応をしてくれることが多いです。また、指示通りにしてもらえなかったとしても、それはあくまで「要望を書いている」という風に思っていますから、それはそれで構わないと思っています。

絶対に手渡しが必要ならば、本人確認が必要な受け渡しを選択するしかないのです。あくまで、対応をしてくれるのは「サービス」と考えておくのが良いかと思います。

意外と多い?施錠忘れ

宅配ボックスには必ず、鍵がついています。宅配ボックスの仕組みは扉の内側でロックをかけて、扉を閉めると鍵がなければ扉を開けることができない仕組みになっています。

で、戸建て住宅の宅配ボックスについては施錠してくれないケースが多いように思っています。

先ほど「宅配ボックスを使わず手渡しで」としているのは、この施錠忘れが多いためです。私が住んでいる地域は戸建て住宅が大半の地域であるため、宅配業者さんが宅配ボックスの使用法に慣れていないことが大きな要因と思っています。そのため、貴重品を宅配ボックスに入れてもらうのは少し躊躇するケースがあり、そのために「宅配ボックスを使わず手渡しで」という注意書きで配送してもらうケースもあるのです。

ただ、これについては集合住宅の場合、多数の人が行き来する宅配ボックスで施錠していないことは中身を抜き取られたりという不安が出てきますが、戸建て住宅の場合、自分の家の人間と宅配業者の人以外が宅配ボックスを開け閉めしていたら明らかに怪しすぎるので、それは泥棒以外の何物でもなくなってしまいます。ですから、鍵がかかっていないからと言って、不安にはあまり感じていません。宅配ボックスに入っているのは基本的におむつや書籍ですから、万が一盗まれても、大した被害でもありませんし。。。

この辺りは人の感じ方や家の立地にもよりますが、絶対に施錠をしておいてもらえなければ宅配ボックスを使いたくない、という方には戸建て住宅の宅配ボックスは向かないかもしれません。また、そのようなケースでも「宅配ボックス施錠忘れずに」という一言をつけておけば、大半は施錠をしてくれると思います。

集合住宅であれば苦情ものかもしれませんが、その辺りはおおらかに対応しています。。。

こうして書いてきましたが、そもそも家に人がいるなら宅配ボックスを使わず、受け取れば良いじゃないか?と思われた方が多いように思います。

でも、違うのです!宅配ボックスは「家に人がいるからこそ」メリットを発揮してくれるのです!!

宅配ボックスを設置するメリット

共働きなどで不在がちなお宅については、宅配ボックスのメリットは明らかですが、私は家に人がいるからこその宅配ボックスのメリットも非常に大きいように思っています!

なぜ宅配ボックスが便利なのか?

我が家には宅配ボックスが設置されています。そして、宅配ボックスは家を建てる際に設置してよかったもののうち10本の指に入る程度に便利なものと思っています。

そんなことを言うと、夫婦共稼ぎで2人とも遅いの?と思われてしまうかもしれませんが、まったくそんなことはありません。むしろ、家には誰かしらいることが多く、時間指定さえすれば宅配便の受け取りに問題がない生活をしています。

ですが、家に人がいるからこそ宅配ボックスが便利に感じるのです!

専業主婦だからこそ宅配ボックス設置にメリットがある

宅配ボックスを設置しない理由として「専業主婦だから」というものがあると思います。

自分は専業主婦だから宅配ボックスの設置なんて必要ないと思われるかと思います。しかし、個人的には専業主婦だったら、ぜひ宅配ボックスを設置するほうが良いと思っています家に人がいるからこそ、宅配ボックス設置のメリットが大きいのです。

家で家事をしていると「手が離せない」という場面は多くあると思います。

例えば、揚げ物をしている最中だったり、風呂掃除をしている状態だったり、はたまた、まだパジャマだったり(・∀・)

宅配便の受け取りなんて、わずか1分で終わることです。それに1日に何回もあるわけではありません。

でも、洗濯物を干している最中に「ピンポーン」となって、下まで降りて宅配便を受け取ってまた2階に上がって家事の続きを、揚げ物の最中に火を止めて、風呂掃除で濡れた手と足を拭いて、パジャマから素早く部屋着に着替えてバタバタと、、、、これってわずか1分の出来事、1日1回あるかないかの出来事ですが、非常に面倒だと思うのです。

むしろたった1分のことだからこそ、もの凄く面倒なのです。本当に重要な用事であれば、家事を中断しても良いかも知れません。でも、あと5分遅く来てくれればちょうど切りが良かったのに、というときに限って「ピンポーン、、お届け物で~す」となってしまうのです(T_T)

そんな時に宅配ボックスが設置してあって、「チャイムを鳴らさず宅配ボックスへ」と書かれていれば、宅配便の受け取りのために家事を中断する必要がなくなるのです。

これは想像以上に生活に大きな快適性を与えてくれると思います!

子供が小さければぜひ宅配ボックスを:「ピンポーン」→「わ~ん(T_T)」の防止

子供が小さければ小さいほど、ぜひ宅配ボックスの設置を検討されることをお勧めします。

授乳中に宅配が来たら、、、、大変ですよね。。。また、小さな子供がやっと昼寝に入ってくれて、ホッと一息、、、、そこに「ピンポーン、お届け物で~す」寝たばかりの子供がチャイムに驚いて「わ~ん(T_T)」ということ、経験があるのではないでしょうか??そして届いたものが夫が買ったどうでもよい本、、、ぶつけ用のない苛立ちに襲われたこと、、、あると思います。。。

Amazonの箱を見るたびに怒りがわいてくるようになってしまいかねません^^;;

いくら宅配便の時間指定ができても、子どもの昼寝の時間、ご飯の時間を時間指定することはできません。子どもが小さければ小さいほど、宅配便のチャイムがもの凄く大きな負担になってしまうことがあります。

宅配ボックスを設置して「チャイムを鳴らさず」の一言があれば、それだけでそのようなことをほぼ無くすことができます。

幼児がいる家庭では必要になるものが多いです:おむつだってネットで買えます。

子どもが生まれて間もない時期、おむつが大量に必要になります。おむつって結構かさばります。小さな子ども抱っこして、おむつをドラッグストアに買いに行くのは想像以上に負担です。また、子どもが小さいうちは家から出ることもままなりません。そのため、好きな洋服も買うことができません。

ネットであれば、いつでも好きな時におむつでも、洋服でも買うことができます。でも、ネットで買えば、先ほどの「ピンポーン」の恐怖が待っています。

そんなときにチャイムを鳴らさず宅配ボックスに入れておいてくれたら、、、本当に助かります。

おむつ代は決してバカにならない金額になります。配送してもらったら高いのでは?と思われる方も多いかも知れません。

ただ、比較して見た限り、不思議なことに私が住む地域に関しては、Amazonの定期便と同程度か、ドラッグストアや赤ちゃん本舗よりも安い金額でおむつ等が購入できてしまうのです。

頻繁に買わなければいけない、そしてかさばるおむつを宅配で持ってきてくれて、宅配ボックスに届けてくれておいてくれる、これは本当に助かりました。

家の中に人がいなければ、再配達の負担はあくまで宅配業者さんの、そして宅配企業の負担です。でも、家に人がいれば、宅配の受け取りは個人の負担になってしまうことが多くあると思うのです。人が家の中にいるからこそ、宅配ボックスが役立つ場面は非常に多いように思っています

宅配ボックスの防犯上のメリット

近年、宅配業者を装った強盗のようなケースもあります。宅配ボックスの設置でこれを完全に防ぐことはできません。しかし、宅配ボックスがあれば、ちょっと何かがおかしいな?と思った時、インターホン越しに「今手が離せないので、申し訳ないけれど宅配ボックスに入れておいてもらえますか」と一言伝えるだけで事足ります。

それでもなお、「どうしても出てきて欲しい」、などと言うようであれば、それこそ怪しさは増すばかりになりますから出ない方が良いということにもなります。

宅配ボックスがなかったら、宅配だと行っているのに、そして、人が中にいることが分かっている状態でそれを拒否することができる人は多くないように思います。

でも、宅配ボックスがあれば、「ちょっと不安」という大半は問題がないケースでも、心理的な負担無く、荷物を宅配ボックスに入れておいてもらうことができます。何も問題なく、宅配便である事がほとんどと思いますが、それでも、怖い思いをすることなく生活できるというメリットは大きいように思います。

「夫」のメリット(実はデメリット?^^;)

宅配便の受け取りは、現実的にはどうしても女性の方が多くなってしまうと思います。家に旦那さんがいらっしゃる時間帯であれば、旦那さんが受け取ることが多いかと思いますが、仕事などでどうしても在宅時間が少なくなることが多いため、女性の受け取りが多くなります。

先に書いたように、宅配便の受け取りは1分もかからない、それ自体は極めて簡単な作業です。でも、家事の中段、子ども昼寝等々、様々な他の問題を引き起こしてしまうことが多くあります。仕事をしている男性の方であれば、最近では駅前の本屋もすっかり減ってしまったので書籍を購入する際はネットで注文してしまう方が多いかと思います。

ただ、ネットで注文をしてしまうと、どうしても妻に受け取りをお願いする事になってしまって、手が空いている時であれば気軽に受け取っておいてくれるかと思いますが、タイミングが悪いときに配達されてしまえば、「ネットでの買い物禁止」などと言う事にもなりかねません^^;

しかし、宅配ボックスがあれば、ネットで注文しておいて帰宅時に宅配ボックスの中に荷物が入っているので、それを自分で取り出せば良いだけになります。

そうすることで、気兼ねなくネットでの買い物ができるようになります!(買い物をしすぎると、それはメリットではなくなってしまうので注意ですが^^;)

戸建て住宅の宅配ボックス紹介

我が家の宅配ボックス

独身時代集合住宅に住んでいて、宅配ボックスがあったという方も多いかと思いますが、戸建て住宅向けの宅配ボックスについてはあまり知らない方も多いかと思います。

下の写真の矢印の部分にあるのが、我が家に設置している戸建住宅向け宅配ボックスになります。

image

我が家に取り付けている宅配ボックスはパナソニックのミドルタイプというタイプになります。

値段は概ね4万円~5万円程度です。

 

このタイプの宅配ボックスには

  • 前から荷物を取り出すタイプ
  • 後ろから荷物を取り出すタイプ

の2種類がありますが、我が家は「前出し」タイプとなっています。荷物を前から入れて、後ろから取り出すのが後ろだしタイプです。後ろ出しタイプは前と後ろに2枚の扉があるため、後ろ出しタイプの方が1万円ほど高くなっています。

個人的には、戸建住宅に設置するのであれば前出しタイプで十分と思います。

宅配ボックスのサイズ:できれば大きめを

我が家に設置されている宅配ボックスの大きさは幅39cm、高さ59cm、奥行き45.7cmとなっており、パナソニックが販売する宅配ボックスの中では最も大型のタイプとなります。

パナソニックの宅配ボックスには4サイズがあります。

image

最も小さなコンパクトタイプは幅34cm、奥行き3.5cm、高さ26cmとなっています。正直ここまで小さいと郵便ポストとあまり変わらないのでは?と思ってしまいます。扉を大きく開けられるので入れやすいとは思いますが。。。

設置するとすると、スリムタイプ、ハーフタイプ、ミドルタイプのいずれかを設置することが多いと思います。スリムタイプ、ハーフタイプだとAmazonで書籍を何冊か購入したときに入ってくる箱程度は張りますが、少し大きな荷物については入る事ができなくなります。

ミドルタイプであれば、かなり大きな荷物、例えば先ほどのおむつを購入した場合なども問題なく入れることができます。

家の配置などの問題はあると思いますが、ネット通販を使うことが多い方はミドルタイプを選択することをお勧めします\(^o^)/

設置は外構業者さんに任せるのがお勧め

パナソニックの宅配ボックスは、基本的に自分で設置するものではありません。我が家は宅配ボックスを設置できてポストも一体となったタイプを設置していますが、これは外構業者のブリーズガーデンに依頼して設置してもらいました。

我が家がブリーズガーデンに頼んだ外構が雑誌に!営業さん!一冊いかがですか?

2013.07.29

外構業者さんにお願いすれば、造作の門塀に埋め込むこともできます。

image

下の写真のように門塀を独立させて、そこに埋め込んだりと設置方法の自由度は高くなっています。

image

ただ、埋め込みになるため、どうしても設置は専門の業者さんにお願いする必要が出てきます。

最近は、上記のように業者に依頼しなくても、後付け可能な「置き型」の宅配ボックスも売ってはいます。

上記のようなタイプは宅配ボックスの設置に工事は必要ありませんし、値段も1万円以下と安く設定されているため、たまにしか宅配便を使わない方であれば選択肢の一つにはなるかと思います。

ただ、せっかく家を建てるのであれば、埋め込み型が良いかな~と思ってしまいますが^^;

まとめ:家に人がいる家こそ宅配ボックスの設置がお勧め

生活に自由度を与えてくれる宅配ボックス

俄に注目が集まっている宅配ボックスですが、ニュース等では「不在時でも受け取りができる」といったメリットを取り上げる報道がほとんどです。

しかし、実際に自分の家に設置して感じるのは「家に人がいるからこそ」のメリットの方が大きいように思っています。

自分が家にいるとき、そろそろ出かけなくちゃ行けないんだけど、昨日ネットで注文したものの受取時間がちょうど来て、それを待たなくちゃいけない、そんなときでも宅配ボックスがあれば、気兼ねなく外出することができます。

生活をしていると、受取時間が近いから風呂掃除は後にしよう、料理をはじめたいけど、そろそろ宅配が来る時間だから~、といったように、宅配便の時間によって生活を束縛されてしまう場面はこれまでに多くの方が経験してきているものと思います。

宅配便の受け取りはたった1分のことなのに、その1分のことのために、生活の様々な場面で、行動を束縛されてしまうということが起こっているように思うのです。

宅配ボックスは決して安いものではありません。宅配業者の方達が再配達で困っていると言う事はわかっていても、だからといって5万円、10万円という設置費用をそうした問題を解決するために出しても良いと思える人は少ないように思うのです。

常に誰かが家にいるお宅では特に、そのような金額を支払ってまで宅配ボックスを設置しなくても良いのでは?と考えてしまいがちのように思います。

でも、家に人がいるからこそ、そして、自分たちの生活をより快適に、そして自由にしてくれるためであれば、宅配ボックスの設置費用は決して高いものではないように思っています\(^o^)/

これから家を建てる方は、そうした家にいるからこそのメリットも含めて宅配ボックスの設置を検討されてはいかがかと思います!